CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2014年11月 | Main | 2015年01月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
2日でトラウマが治る!? [2014年12月08日(Mon)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(100)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 過去の体験をいろいろ思い出したが、私が思い出していることは、あくまでも思い出せる範囲のもので、すでに思い出せなくなっているものもあるだろうし、おそらくそっちのほうが、より深刻な影響を私に与えているはずである。
 トラウマは、1つや2つではなく、過去の無数のできごとが複雑に絡(から)みあって形成されている。それらをカウンセリング等で1つずつ思い出して解きほぐしていくことは、ほとんど不可能なのではないか?
 忘れてしまっているからこそ、脳も肉体もいつまでも怯(おび)えたままでいるのだ。
 ならば、記憶している、していないに関係なく、溜(た)めこまれた恐れを解放していくTRE(トラウマ・リリース・エクササイズ)は、すばらしく理にかなっている!

 いや、でも、ちょっと待て。緊張を解くために体を震えさせる必要があるのなら、スポーツなりエアロビなり、好きなやり方で体を動かしたらいいようにも思えるが……なぜ、TREでないといけないのか?(以下は引用)

          ◇

 TRE (トラウマ・リリース・エクササイズ=トラウマ解放体操)は、体を震わせて平時の状態に自分自身を戻す自然の能力を引き出すためのものです。
 ストレス軽減のためのエアロビクスと震えを起こす運動には、次のような違いがあります。エアロビクス運動は脳の大脳皮質、つまり意識的に体をコントロールする能力を私たちに与えている脳の部分の直接支配下にあります。そのために、エアロビクスを行う時、私たちは自分の頭が許す範囲のことしかできません。また、頭が許すところまでしかリラックスすることができません。
 東洋には心拍数や血圧を意識的に下げることができるヨギ(ヨガ行者)がいると言われていますが、この部分を司っている脳(大脳辺縁系)を私たちのほとんどは意識的にコントロールできません。つまり、意思の場である大脳皮質によって影響を与えることはできないのです。
 ここに震えの利点があります。震えは脳の大脳辺縁系から起こるために、私たちの意識的なコントロール下にありません。言い換えれば、震えを起こす運動は思考する脳を素通りして、無意識の脳幹に直接達することができるのです。
 これは他の方法ではできない変化を私たちにもたらします。震えは、意識的なコントロールもストレスを解放しているという意識もなしに、HPA軸を遮断することによって体をリラックスさせ、ストレスを軽減してくれるのです。

デイヴィッド・バーセリ『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』

          ◇

 知れば知るほどすごい理論だ。なるほど〜。ただやみくもに運動すりゃいいってもんじゃないのね。思考する脳をスルーして脳幹に届くやり方でないと、トラウマ解放エクササイズにはならないわけか。
 そのエクササイズがTRE(トラウマ解放エクササイズ)だそうだが、実際、その効き目はどれほどのものなのだろう?
 こんな話が紹介されていた。――

          ◇

 2001年9月11日に起こったニューヨークの世界貿易センタービル(ツインタワー)崩落の1年後、(中略)消防隊員は背中の痛み、首の痛み、肩の痛み、胃や食道の不調などに苦しんでいました。腰の筋肉について研究してきた私は、こうした症状がみな、大腰筋の慢性的な収縮の結果であることを知っていました。
 そこで隊員たちにTREを2日間、やってもらいました。1日目、私は彼らに体の姿勢について説明し、救援活動をしていた時の彼らの動きについて話しました。つまり、前かがみこなる、持ち上げる、這いつくばる、うずくまる、などです。このような動きをする時、大腰筋はきつく収縮します。死の恐怖も伴っているために、こうした姿勢は感情的な負担も抱え込みます。その結果、この緊張した状態に筋肉を保つために作られた神経回路のパターンが、生きるか死ぬかという状況によってさらに強められていたのです。
 TREを2回行っただけで、この人々の大腰筋は緩みました。
(同)

          ◇

 なに〜! に、2回でゆるんだ〜っ? おれ、カウンセリングに何日費やしたと思ってるのよ。
 なぜTREはこんなに即効性があるのか? 続きを読んでみると――。

          ◇

 この運動がこれほど早く効果を見せるのは、マッサージなど外部から施して筋肉をリラックスさせるものとは違い筋肉の内部からの震えが慢性的な緊張を解放するからです。
 横隔膜の筋肉もまた、緊張を腰に与えます。「大腰筋と腸筋と横隔膜の連結部は重なっています。3人の歩兵のように、これらの筋肉は一体となって働きます」とある研究者は言っています。この3つの筋肉は「筋肉の鎖」を作っているのです。この鎖は体の中でもっとも大きな交感神経の交差点でもあります。この交差点は太陽神経叢、または「腹部の脳」と呼ばれています。この太陽神経叢は下腹部の骨盤のところにある神経の集合体です。ここには体のどこの部分よりも多くの交感神経が含まれています。
(同)

          ◇

 でた!
 免疫の重要キーワード、交感神経。
 交感神経とは、自分の意志ではどうにもならない「自律神経」の一つだ。ちなみにもう一つが副交感神経。
 免疫は、リラックスして副交感神経がオンになると動くが、緊張して交感神経がオンになると止まる。交感神経がいつまでもオンになりっぱなしだと免疫は止まりっぱなしになり、ついには難病を引き起こし、かかった難病はいつまでも治らない。
 だから交感神経の緊張を解くことは難病を治すための必須条件なのである。

 その交感神経が最も多く存在する骨盤を、TREは緩(ゆる)める。それでこんなに即効性があるのだ!
 この本、期待していたレベルを遙(はる)かに上回ってるぞ……。

 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 どっちみちスポーツもエアロビもしないけど(オタクで悪かったあね)。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック




なぜ恐怖体験は現実感がなくなるのか [2014年12月18日(Thu)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(101)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 小学生のときいじめに耐えるため、私は、……麻薬を使っていたらしい。

 といっても自分でつくりだすいわゆる脳内麻薬であるが、いじめられていた当時、私の体はとんでもないことをしていたようなのだ――。
(以下は引用)

          ◇

 トラウマによって引き起こされる行動は、これまでの論理的なプロセスに頼るセラピーでは正すことはできません。トラウマに起因する行動は非論理的であり、合理的な脳のコントロールを受けていない本能的な反応だからです。
 神経学の分野が進歩するにつれて、この障害はマインドの問題ではないことが分かってきました。大切なことはどのように頭脳がその問題を処理するかなのです。(中略)

 あまり知られていませんが、とても大きな意味を持つ化学物質の変化がトラウマ体験の間に起こります。これに関係する化学物質はアヘンの仲間であるオピオイドです。
 ツインタワーが攻撃された時、タワーの近くにいた人々は彼らの体験を次のような言葉で表現しています。「起こっていることを見ていたのに、まるで現実ではないようでした」「すべて、スローモーションで起こっているように見えました」「私は走りましたが、自分の体のようには感じられませんでした。まるで誰かほかの人が走っているみたいでした」「悲鳴が聞こえました。でも現実とは思えませんでした」「ひどい怪我をしていたのに、すべてが終わって誰かが私に『怪我をしているよ』と言うまで、痛みを感じませんでした」
 このような言葉は他の状況であれば、この人たちは麻薬でも使っているのではないかという疑いを生むでしょう。実は、これはまさにその時、起こっていたことでした。体はトラウマに出遭うと、思考や感覚を変える化学物質を産生することができるのです。

 たとえばジャングルの中でライオンに遭遇し、戦う以外の道がなかったとします。すると、私たちのアドレナリンの産出量は筋肉の力を増強するために急上昇します。しかし、戦っている間に爪で腕を引っ掻かれると、体はすぐに化学物質を傷口に送り込み、痛みを感じないようにします。ライオンを追い払うと、体は腕に化学物質を注ぎ込むのをやめます。すると私たちはやっと痛みに気づき、医師に診てもらいます。
 同じように、戦場の兵士は重傷を負ってもすぐには痛みを感じないことがあります。普通であれば激しい痛みで動けなくなるほどの重傷を負った兵士が、そのまま戦闘を続けたという例はいくらでもあります。
 身体的な虐待を受けた人々もまた、次のように言っています。「まるで体から抜け出して、起こっていることを眺めているような感じでした」「私は悲鳴をあげました。でも誰か他の人が叫んでいるみたいでした」。このような体験もまた、オピオイドによって起こったのです。

 体はどのように私たちがトラウマを生き延びるかには関心がありません。生き延びることだけが、体の関心事なのです。生き延びるためにできる唯一の方法が、虐待を受け入れることであれば、体はあきらめてそれを受け入れます。
 このような状況では、体はアドレナリンを放出するのをやめ(アドレナリンは私たちを戦わせて、危険を増大させる結果となる)、私たちを倒れさせるためにオピオイドを注入して、虐待されるに任せます。そして生き延びようとするのです。
 虐待を生き延びた人はしばしば次のように報告しています。「私は闘い続けました。でもあるところで、私の筋肉は急に力を失い、体が動かなくなりました」

デイヴィッド・バーセリ『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』

          ◇

 まるで自分のことが書かれているようだ。

 小学生の私は、はじめは抵抗すればなんとかなると思ったが、なんともならないので、というより抵抗すればするほど5人だった敵が6人、7人と増え、殴られる力も強くなるので、抵抗しないほうがまだましだと考え、体を固くしてやられっぱなしにするようになった。
 学校にいるかぎり、彼らから逃げる手だてはない。それなら学校なんか逃げてしまえばよかったのだが、そう誰か大人が教えてくれればよかったのだが、子供の私は、そんなこと知らない。学校が社会のすべてであり、絶対に行かなければならないものと思いこんでいた。登校拒否なんかしたらいい子じゃなくなると信じていた。
 だから「生き延びるためにできる唯一の方法が、虐待を受け入れること」と考え、「体はあきらめてそれを受け入れ」たのだ。よもや脳内麻薬を出していたなんて、つゆ知らず。

 そこまでして私は耐えてしまった。そしてトラウマを筋肉に刻みこんだ……。

 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「まぐまぐ大賞」に投票してくださったあなた、どうもありがとうございました!
 もし入賞できたら読者さんが増えてくれると思いますが、……いまここから読んだら何のメルマガかわかんないな(笑)





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック




「私は性格が悪い」と思っている人に朗報 [2014年12月28日(Sun)]

 こんにちは。松井二郎です。
 みなさんから多くのご好意をいただいた「まぐまぐ大賞」ですが、入賞は なりませんでした……。
 あ゛あ゛〜、 残念っ!
 せっかく、熱いメッセージもたくさんいただいたのに、わたしの不徳のいたすところでございます。
 また来年から気持ちも新たにして、いっそうのメルマガ道に精進する決意です(そんな道あるんか)。

 というわけで、じつは今回が、今年最後のメルマガです。
 では、どうぞ。




  ◆続・クローン病中ひざくりげ(102)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 よもや脳内麻薬を出していたとはつゆ知らず、私は小学校6年間、いじめに耐えてしまった。
 「体はどのように私たちがトラウマを生き延びるかには関心がありません。生き延びることだけが、体の関心事なのです。生き延びるためにできる唯一の方法が、虐待を受け入れることであれば、体はあきらめてそれを受け入れます。」
 そうだ。この通りことを、私はあのとき、やっていた。
 いや、ちょっと待てよ。待て、待て。そういえば……もっと幼いころから、私は、これをやっていたぞ!

          ◇

 私には3つ上の兄がいて、よくケンカをした。ケンカといっても、いつも私が叩かれて泣かされる役なのだが、それだけでもイヤだったのだが、父に発見されたが最後、
 「ケンカ両成敗だ!
 ふたりとも頭もってこい」
 しずしず、並んで頭を差し出すと、頭が裂けるんじゃないかと思うほどのゲンコツが降った。指の骨の出っぱりのところでゲンコツするのである。
 「頭もってこい」
 これを言われたら、もう、観念するしかない。黙って頭を差し出すほかないのだ。あの鋭い痛みは、よくわかっている。下を向き、目を閉じ、それからゲンコツが降ってくるまでの時間の、あの恐怖といったら!

          ◇

 「生き延びるためにできる唯一の方法が、虐待を受け入れることであれば、体はあきらめてそれを受け入れます。」
 学校に行く前に、すでに、やっていたのだ。あれを虐待といったら、父がかわいそうかもしれない。しかし、あれでクセになってしまったのではないか?暴力に対して、されるがままになることが。
 本には、このあとの影響がさらに詳しく述べられている。――

          ◇

 トラウマに遭った人々によく見られるもう一つの一般的な体験は、分離、またはうつの状態からハイテンションの状態へと、行ったりきたりすることです。
 誰かがほんのちょっと批判的な言葉を口にして彼をカッとさせるまでは、彼の人生はうまくいっています。でも批判されたとたん、彼は怒って「いつも意地悪をされる」とわめきます。しかし、その後で、いくら褒められても、落ち込んで元気をなくしてしまいます。
 化学物質の変化の影響のもとでは、人は朝は社交的で元気なのに、お昼になると一人になりたがることもあります。その人のトラウマの歴史を知らないと、この人は気分に障害があるのではないかと思いがちです。(中略)しかし、原因はその人の性格にはありません。これはホルモンのアンバランスから起こる、トラウマ後の症状なのです。

デイヴィッド・バーセリ『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』

          ◇

 「批判されたとたん、彼は怒って『いつも意地悪をされる』とわめきます」。あぁー、もぉー、まったくそのとーり。「しかし、その後で、いくら褒められても、落ち込んで元気をなくしてしまいます」。はい、ごもっとも……。
 おれって、なんて性格悪いんだ、人でなしだ、ろくでなしだと思っていた。
 しかも、そのたびにいくら反省しても、また同じことをやってしまう。どれだけ欠陥人間なんだ。ホトホト、いやになっていた。
 けれども、私の人格がショボいのではなくたんにホルモンバランスの乱れと知って、だいぶ救われた。そして、これから治せるという希望が湧いた。
 それと、もう一つ、まえから困っていた性格があるのだが……。いや、てっきり性格と思いこんでいたものがあるのだが、それも、どうやら、たんにトラウマの影響らしいのだ。――

          ◇

 トラウマ体験をした子供の少なくとも半数は、青年期や大人になってから深刻な症状を呈します。(中略)脳がまだ発達中のころに子供たちがトラウマに遭遇すると、トラウマを抜け出すために役に立つ方策を自分で作り出します。大人も同じようにします。誰もが直面している問題を何とか処理する方策を編み出すのです。幻想の世界へと逃げ込む、友人から離れる、一人になるのを避けるために過剰に社交的になるなどです。
 成熟して健全な精神状態にある大人と発達途上の子供の違いは、大人の場合は一度その方策が目的を果たすと、それを捨てることができることです。大人の脳にとって、この方策は絆創膏(ばんそうこう)の役目を果たしています。しかし、発達途上の子供の脳は一時的な目的のための方策と、永久的な性格として脳に刻み込まれる行動パターンの区別がつきません。
 もし子供がトラウマに満ちた環境で成長すると、トラウマと付き合うための思考パターンを使わざるを得ません。また、こうしたパターンは彼らの思考プロセスに織り込まれ、一生彼らに付きまとう可能性があります。
 すると、トラウマを受けた子供は初めての出来事やびっくりするような出来事を、いつもトラウマをもたらす危険性があるものとして処理し始めます。そして普通の事柄に対しても過剰に反応するようになって、過剰な興奮やいわゆる「解離的行動」を取るようになります。
(同)

          ◇

 困った“性格”と思い込んでいたものとは、これ。家内に指摘されてはじめて自覚したのだが、私は、ホンのちょっとしたことで、えらく大声を出すのである。
 食事中に汁物をこぼしてしまうと「わぁーっ!」と叫び(病気でへんな姿勢をしてるからよくこぼすのよ)、家具や柱にすこし体が当たると「ぎゃーっ!」と悲鳴をあげる(病気でフラフラしてるからよく当たるのよ)。
 家内は、何があったかとえらく驚き、理由を知ると、あまりのささいなことに溜め息をつくのである。
 私は、事実、びっくりしているし、ものすごく痛いと感じているし、大げさに声をあげているつもりはまったくないのだが……。
 自分が異常な行動をしていると知り、困っていたのだ。またこの本に助けられた。
 私は「びっくりするような出来事を、いつもトラウマをもたらす危険性があるものとして処理し」「普通の事柄に対しても過剰に反応」していたのだ。

 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 まぐまぐ大賞には入賞できませんでしたが、投票していただいたこと、あなたがこうして読んでくださっていることが、わたしにとっての、栄誉です。
 いつも応援ありがとう。ことし一年ご愛読ありがとう。
 よいお年をっ!





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック