CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
« 2011年11月 | Main | 2012年01月»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
これって、マジ、「治療」? [2011年12月08日(Thu)]

 ◆免疫の仕事をじゃまするのがステロイドの仕事
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 「なんか家の中が臭うなぁ」

 と思ったら、

 キッチンの排水溝がすごいことになっていた。
 なんてこと、よくあります。




 このとき、対処法は、2つにわかれる。


 1つは、ゴミに出すこと。


 もう1つは、そのままにすることです。

 しかしこの場合、あまりに臭くて死にそうになるので、
 薬でもふりかけてニオイをごまかすことになるでしょう。


 さて、どちらが正しい対処でしょうか?




 臭いのモトは、断固、家の外に出すべきである。

 薬でニオイをおさえたところで、ゴミはカビてくるし、
 へんな虫が飛ぶようになるし、

 黒光りする究極の虫がでるかもしれない。


 「臭いものにフタ」をすれば、
 事態はより深刻になってしまいます。




 "ステロイド" も、この「臭いものにフタ」なのです。


          ◇


 薬にせよストレスにせよ、ステロイドで免疫を
 おさえることで
 病気の「痛い」「かゆい」をだまらせているのだ、

 という話をしてきました。




 なぜ、薬は熱を下げるのでしょう?
 咳も鼻水もピタリと止まるのでしょう?

 どうしてムヒを塗ったらかゆみがおさまるの?


 発熱も、咳も、鼻水も、かゆみも、みんな免疫が異物を
 処理しようとしてやっていることです。

 いわば、腐った生ゴミを家の外に出そうとしている。


 それをステロイドでフタしてしまったら、
 どうなるのでしょうか?




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    熱やかゆみや痛みなど、体に起きる不快な現象は、
    免疫が異物を殺すか追放するかしているから
    起きるもの。

    ステロイドはそれらをピタリと止める。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ◆「寛解と再燃」の正体
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



 「これ、松井さんのお薬ですよー」


 クローン病が発見されたばかりの入院中のこと。

 看護師さんが、薬をドッサリ持って
 やってきました。


 うへぇー! こんなに飲むのかよ。

 持ってみたら両手に山盛りになったのですが、
 これが2週間分だ。

 こんなにジャラジャラ、薬、飲んでいいの?

 やばくね?




 この時点で、私は幸いにも
 甲田光雄先生を知っていました。


 甲田先生は、薬を一切つかわずに治療にあたっておられ、

 その結果、さまざまな難病が治っているとのこと。


 私は、薬をじっと見つめたのです。


 「でもなぁー、飲まなかったら、いろいろ言われる
 だろうしなぁー。めんどくせえ」


 そこで、入院しているあいだだけ飲むことに。

 ま、これくらいなら、たいしたことないだろ。


 そして退院後、
 エイヤッ! とゴミ箱に捨てたのでした。




 しかし……。

 そのあとも、2週間ごとに医者に行くたび
 同じように薬をドッサリ渡される。


 「クローン病は、一生つきあうものです。薬を飲んで、
 "寛解(かんかい)" を維持するようにしてください。
 飲まないと "再燃(さいねん)" しますから」


 毎度まいど、医師から言われました。


 "寛解" とは、
 病気なのだけれど症状がほとんど出ていない状態。

 "再燃" とは、それがぶり返したことです。




 ですが、これを正確にいうならば。




 "寛解" とは、


 病気を治そうとしている白血球の遺伝子を傷つけ、
 動けなくしてしまうこと。

 つまり免疫を止めること。


 まだ家の中に泥棒がいるのに、
 突入した警官に「動くな」と命じてしまうことであり、

 それによって、あたかも事件が解決したように
 見せかけることです。


 薬が切れれば、白血球は自分の遺伝子を修復し、
 けなげに任務を遂行しようとします。

 再び、泥棒と警官との戦いがはじまります。


 このとき、
 強く引いたゴムほど勢いよく元に戻るのと同じで、

 強く免疫をおさえていたほど、そのあとの戦いは、激しくなる。

 いっそうひどい痛みやかゆみが噴きあげてきます。


 これが、"再燃" です。




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    症状が「おさまる」とは、白血球をいためつけて
    黙らせること。

    「ぶり返す」とは、いためつけられた白血球がまた
    けなげにがんばりはじめるということだ。

    はじめから白血球をいじめなければよい。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ◆症状を止めることは治療にあらず
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 甲田光雄先生のファンであるみなさんなら、
 すでにご存じかもしれませんが、


 "症状" とは

 「病気を治すために起きている、よいこと」

 です。


 熱、だるさ、痛み、かゆみ、せき、痰、鼻水、
 すべて、病気を治すために起きている。

 言葉をかえると、"異物" を追い出そうとしているのです。




 それをしてくれているのが "免疫" です。

 免疫をおさえれば、当然、
 熱もだるさも痛みもかゆみもせきも痰も鼻水もおさまる。


 しかし、それは病気を治す力がおさまっているということです。




 異物を排除するための正しい戦いが病気なのだから、

 "症状" はそのまま "治療法" 。


 これを甲田先生は【 症状即療法(しょうじょうそくりょうほう) 】
 と言っておられたのでした。




 ステロイドは、それを、止める。


 私は疑問に思ったのです。

 「これって、マジ、"治療" ?」




 つづく


  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    病気のすべての症状は、
    免疫が異物を追い出すために起こしているもの。

    薬で免疫を止めれば症状は出ない。

    だが、異物も出せない。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 黒い虫に長年悩んだ私が言うのだから間違いありません。




 ◆このブログは
 メールマガジンの記事をアップしたものです。

 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読は今すぐここをクリック




化学物質は無害で有害 [2011年12月19日(Mon)]

 ◆薬を飲んではいけない決定的理由
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 「なぜ、むやみに薬を飲んではいけないのか?」

 ずっと、その理由を述べてきましたが、
 今回は最後の決定的理由を書いておきましょう。




 まえに「難病の原因は "化学物質" だ」と言ったのを
 覚えておられますか。


 そこで、

 薬って "化学物質" ですよね。


 おわかりでしょうか?




 薬そのものが、難病の原因にほかならないのです。




 「化学物質がヤバい」

 というと、
 すぐに食品添加物や農薬が取りざたされますが、

 これらは食べものの中にちょびっと含まれている
 だけです。


 それに対して、薬は、まるまる化学物質のかたまり。

 それを日本人はジャラジャラ飲んでいます。
 添加物などの害とは比較になりません。


          ◇


 もともと、薬というものは、ほんとうに体によいものでした。


 私が住んでいる富山は薬売りで有名ですが、

 昔は化学物質などいっさい使わず、

 薬草とか木の皮とか動物のキモとか、
 自然のものだけを使った、

 ようするに漢方薬を扱っていました。

 化学物質などなかったのですから、当然ですが。




 でも、いまはもうダメです。
 化学物質の薬に切り替わっています。


 こっちのほうが、安く作れて高く売れ、
 しかも、その効き目たるや漢方薬の比ではないからです。


 効くといっても、

 免疫をたすけて病気を治す漢方とは違い、

 免疫を黙らせ病気をより重くして
 未来へ持ち越しているだけなのですが。


 でも、庶民は瞬時に症状が止まるほうに
 飛びついてしまったのですから、

 薬売りも顧客ニーズにこたえていくしかありません。


          ◇


 化学物質の薬に病気を治す力はまったくありません。


 それどころか、
 いま私がお世話になっている松本仁幸先生によると、

 薬は新しい病気をつくりだすものであり、

 わけの分からない病気は
 すべて薬によって起こされたもので、

 そういう病気が、病気全体の9割を占めるそうです。




 地方の小さな医院にいくと、じいちゃんばあちゃんが
 待合室をサロン代わりにしていますが、

 薬袋にたっぷり化学物質を入れてもらって帰っています。


 日本の医療費が30兆円をこえて
 なお増え続けている理由がおわかりになるでしょう。




 「薬は病気を治してくれるもの」

 長らく私たちは、そう信じてきました。

 しかし今となっては、
 薬という言葉の概念を180度ひっくり返して
 考えなければなりません。




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    なぜ、薬をむやみに飲んではいけないか。

    薬そのものが
    難病の原因(化学物質)であるからだ。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ◆それでもステロイドをやめてはいけない?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 このような話を聞くと、
 すぐにでも薬をやめたくなるかもしれませんね。

 でも、

 いまステロイドを使っておられる方、

 それも長期に渡って使ってこられた方は、
 くれぐれも、いきなりやめてしまわないで下さい。


 それこそ死んでしまうかもしれません。


          ◇


 免疫は、おさえられていたことを全部覚えています。


 ステロイドをいきなりやめると、

 あたかも限界まで引っぱっておいたゴムが、
 手をはなせば「バチーン」と一気に元に戻るように、

 免疫はいきなり活動を始め、体を一気に修復しようとします。




 このとき、
 息ができないほど気管支が狭くなることもあるし

 (これが「ぜんそく」です)、

 血流量が急に増えすぎて
 心臓が止まることもあるのです

 (「アナフィラキシーショック」といいます)。




 ほんらい、自分自身にそなわっている防御システム(免疫)で
 自分が殺されることはありません。

 しかし注意すべきは、


 不自然なことをされたため、

 不自然な戻りかたをするということです。


 薬によってゆがめられていた免疫は、
 生命に危険がおよぶような修復のしかたをするのです。


          ◇


 悲しい事故を防ぐためにも、
 ステロイドはいきなりやめてはいけないし、

 もし、やめて「ぜんそく」か「ショック」に
 なってしまったときは、

 このときこそステロイドの出番です。


 逆にいうと、ステロイド剤は
 こうした命の危険があるとき以外に使ってはならないし、


 そもそもステロイドで免疫がゆがめられさえしなければ、

 死ぬほどの「ぜんそく」や「ショック」になる
 こともないのです。


          ◇


 では、ステロイドをやめるにはどうしたらいいのでしょう?


 ステロイドを使うことの恐ろしさも
 やめることの恐ろしさも熟知している医師のもとで、
 指導を受けながらやめていくのです。


 ですから人並み以上に
 西洋医学に通じている医師でなければなりません。


 ただし、

 薬をやめるだけでは、免疫が上がり切らず、
 免疫が戻ろうとする反応症状で苦しむだけです。

 すみやかに根本治療をしなければなりません。


 その根本治療ができるのは東洋医学ですから、

 東洋医学にも精通した医師でなければいけません。




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    ステロイド漬けになっている人は、
    いきなりやめると命の危険がある。

    西洋医学と東洋医学をマスターしている医師の
    もとで慎重にやめていく。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ◆使ってもよい薬
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「薬は病気を治しているのではない。病気をつくっているのだ」

 という話をしてきました。


 では、薬という薬を、
 この世から根絶したほうがいいのか? 

 というと、そうではないのです。


          ◇


 まえにも書きましたが、
 つぎの6種類の薬は、使ってもよい薬です。


  ○ ワクチン

  ○ 抗生物質

  ○ 降圧剤

  ○ ホルモン剤、抗ホルモン剤

  ○ 胃薬

  ○ 睡眠薬




 これらは、免疫をおさえず、
 遺伝子をいじることもないからです。




 とくに【 ワクチン 】と【 抗生物質 】は、

 「免疫を抑えない」どころか、
 免疫が働きやすいように補助します。


 【 ワクチン 】は、弱い敵をあえて体に入れて、

 「あ、こういう敵がいるんだな」と
 白血球に覚えさせ、

 あらかじめ迎撃ミサイル(抗体)をつくらせるものです。

 免疫が戦いをしやすいようにしている薬なので、
 これはオッケー。


 【 抗生物質 】というのは、バイ菌を殺す薬ですが、

 やっていることは菌の細胞壁(さいぼうへき)を壊すだけ
 なので、これもよし。


          ◇


 というわけで、以上が「有用な薬」でした。

 言葉をかえると、
 これら以外の薬は、可能な限り飲まないほうがいいし、
 注射もしないほうがよいのです。




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    必要な西洋薬は、

    ワクチン、抗生物質、高血圧の薬、胃薬、
    ホルモン剤・抗ホルモン剤のみ
    (ときに睡眠薬も許される)。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




 ◆化学物質は無害?
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 化学物質は難病の原因
 と聞くと、

 「やっぱり化学物質って怖い!」

 と思われるでしょう。




 なるほど世間には、化学物質は危険だと警告する本が
 あふれています。

 「アトピーやさまざまな難病・奇病の原因は化学物質ではないか」

 と、断定はしないまでも、
 意見している人たちは大勢います。


 ところが、

 食品添加物など、
 ほとんどの化学物質は、

 無害といっていいほどの弱い毒性なのです。


          ◇


 化学物質は、
 ほんとうは体に入ってきても無視していいのです。




 異物を攻撃しなければならない理由は、

 ほんらい、異物といったら生きている異物であり、
 すなわち細菌かウイルスであり、

 これらはみるみるうちに増殖して、
 ほうっておくと体が乗っ取られて死んでしまうからです。




 化学物質は、増殖しません。
 体を乗っ取る意志もありません。

 ただ、異物だ、というだけです。


 しかし免疫は、異物を攻撃するのが仕事なので、
 この化学物質をも攻撃します。

 このとき、生きている異物と戦うときと同様、体が傷つきます。

 ところが、相手は、すでに、死んでいる。

 まるでターミネーターと戦っているみたいなもので、
 戦いが終わりません。




 それでも免疫が弱っていなければ、

 「これはムダな戦いだ」

 と学習し、戦いを終わらせてくれます。


 しかし
 免疫が極端に弱っていると、

 ムダな戦いだということを
 いつまでたっても学習できず、

 えんえん戦い続け、自分の体も傷つき続けるのです。


          ◇


 誤解をおそれず極言するなら、

 化学物質は無害です。


 しかし、薬とストレスで免疫がおさえられていると、
 無害の化学物質で難病になってしまう。

 だから「化学物質は怖い」のです。




  ┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓


    ほとんどの化学物質はほぼ無害。

    ただし、弱った免疫がそれに反応すると難病になる。
    だから化学物質は有害。


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ターミネーターって、完結するんですかね。




 ◆このブログは
 メールマガジンの記事をアップしたものです。

 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読は今すぐここをクリック




めざせハイブリッド [2011年12月30日(Fri)]

 早いもので、今年のメルマガも最後となりました。


          ◇


 前回、

 「有用な薬は、これです」

 と "抗生物質" や "ワクチン" を挙げたら、


 ちょっと待ってください、
 そう言い切るのはマズイですよ、

 というメールをたくさんいただきました。


 特に

 「ワクチンは危険です!」

 というメールが多かったのです。


 たとえば……。




> いつも興味深い記事をありがとうございます。
> ところで、時々薬のことで気になることがあります。
> 使ってもいい薬、もう少し慎重に考えられたほうがいいと思います。
>
> 特にワクチン、抗生物質です。
> ワクチンには様々な問題が指摘されており、
> 製薬会社や許認可権を持つその国の政府ぐるみで
> 危険性のあるものを認可し、販売している場合が多くあるようです。
> 報告されている重大な副作用の件数もかなり少なく報じられています。
>
> 子宮頸がんワクチンは特に言語道断と感じています。
> どうぞ調べてみてください。
>
> (埼玉県 chiki)




> ワクチンには人体の健康を無視した、驚くほど有害な防腐剤や殺菌剤が
> 入っています。
>
> ちなみにインフルエンザのワクチンに至っては、免疫を作るための
> 抗原(ウイルス)さえも入っていないものがあったそうです。
> もう、それこそハチャメチャです。
> 単なる毒物接種になります。しかも、お金を払って。
>
> (M)


          ◇


 おっしゃりたいこと、よくわかります。

 私が舌たらずでした。
 すみません。


 これらは

 【 有用な場合のみ使えば、有用な薬 】です、

 といえばよかったかな……。




 多剤耐性菌を生みだしてしまう
 抗生物質の濫用(らんよう)は問題ですし、

 カネ儲けのためだけにおこなわれているような
 ワクチン接種まで

 「有用だ」

 と言ったのではないのです。




 言葉がたりなくて誤解をあたえたかもしれませんが、


 使うべき場面でない抗生物質まで使っていいとか、

 意味のないワクチンまで推奨したのでは
 ありません。


 「本当に必要な状況なのであれば、抗生物質は恐れずに使えばよい」

 「ワクチンを打たなければ死ぬような細菌が入りこんだ場合、
 ワクチンという薬は有用だ」

 と言いたかったのです。


 たとえばペニシリンがどれだけの命を救ってきたか、
 その有用性は計り知れません。




 その一方、

 ご指摘のように、
 インフルエンザのワクチン接種などはムダのなかのムダと
 いうべきで、

 あんなものを一時的に国が全児童に強制接種させていた
 事実にいたっては開いた口がふさがりません。


 いまは連載がわかりにくくなるので、
 詳しいことは、またいずれ書きたいと思いますが。


 (「すぐに知りたい!」という方には、
 この本がおすすめ。
 現役医師がインフルエンザ予防接種を無価値と断ずるデータは衝撃です。

 『成人病の真実』近藤誠 著




 「薬は危険だ」と、くどいほどに書いてきたので、

 もし、そのことばかり頭に残ってしまって、
 本当に必要な薬が必要な場面でまで薬を拒否する方がおられたら、
 それはちがいますよ、

 と言いたくて

 「有用な薬」

 をお示ししたのでした。




 東洋医学がキライな人は、東洋医学を全否定しがちです。

 同様に、

 すこし前までの私は、西洋医学がキライで、
 西洋医学を全否定していました。


 松本医学に出会って、はじめて、
 有用な西洋医学もあると知ったのです。


 目指すべきは、
 東洋医学と西洋医学の「有用な面での」ハイブリッドです。


          ◇


 それでは、また来年お会いしましょう。

 よいお年を〜っ!




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 日清のハイブリッド麺は何がしたいのかよくわからんけど。




 ◆このブログは
 メールマガジンの記事をアップしたものです。

 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読は今すぐここをクリック