CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«そもそも宿便って何? | 松井二郎、○○○始めました | Main | なぜ健康はお金に換えられているのか? 松井二郎の決意»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
身をもって知った「健全なる精神は健全なる身体に宿る」の意味 [2019年09月15日(Sun)]
dabide.jpg


 こんにちは。松井二郎です^^
 ツイッター はじめました。よかったら、フォローしてネ♪
   ↓

  https://twitter.com/Jiro_Mti


 「健全なる精神は健全なる身体に宿る
 古代ローマの詩人ユウェナリス(舌かみそう)の言葉です。
 この言葉を知った高校生のとき、このころから体が弱くて肉体的に貧相だったわたしは、そんなことあるもんか、おれは体はこんなだけど心は立派になってみせるぜと反発をおぼえたものです。
 ですが、後になって知ったところ、これ、原文は
 「健全なる精神よ健全なる身体に宿れかし」
 という願望をこめた意味らしい。
 汚職がはびこっている世相をみたユウェナリスが「あいつら体格だけ立派にしとってからに中身もどうにかならんもんかね」と風刺した言葉のようです。
 でも、
 「健全なる精神は健全なる身体に宿る」
 これも事実。




  ◆体の健康が心をつくる
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 もしかしたら敏感な読者さんは感じ取っておられるかもしれませんが、あなたがいま読んでおられるメルマガはたぶん3ヵ月前のメルマガとは違うものです。
 ちょっとだけ体が良くなってきまして、そしたら心が健全になってきた。

 みんなの言葉がきけるようになりました。

 体につねに痛みがあると、思考停止してしまいます。本も読めないし、テレビすら見れない。なにか考えようとしても自分のなかで堂々めぐり。自分で自分の牢獄に入ってしまう。
 体に心が閉じこめられてしまう感じです。
 その体の牢屋から出て、心の扉がひらいたら、自分に必要なひとの言葉が胸のなかに入ってくるようになりました。
 それがまた体に波及して体が良くなり、また心が健全になって……そんな循環が生まれてきました。




  ◆反省しています
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 体が健康になってきてわかったことがあります。
 「成功」――お金の成功、地位・名誉の成功、人間関係の成功、恋愛の成功――を全部ひっくるめた自分が欲しいもの、望む人生、すなわち「成功」は、健康でなければ得られない。
 わたしがいちばん不健康だったのがたぶん2年前ですね。
 このころです。覚えておられるでしょうか。みなさんにとんでもない悪徳商法の商品を紹介してしまったのを。

 さかのぼること、その数ヵ月前。
 突然、甲田光雄先生の青汁の会社がなくなるとの連絡を受けました。メルマガを始めた当初からみなさんに紹介していたあの青汁です。
 あの会社がわたしの治療費を出してくれていました。
 それが突然、前ぶれもなく、いえ、先生が逝去されてからいつかそうなるとは思っていたのですが、それでも突然、廃業のお知らせがきて、何の準備もしていなかったわたしの自業自得ですが、途方にくれました。

 それ以来、松本医院に行けていません。
 ほかの高額な医療もいますべて中断しています。

 日に日に悪化しました。
 治療費は老いた父のスネをかじることにしました。
 それを生活費にあてるようになりました。
 それでも赤字になりました。
 わたしの介護をしながら妻がパートに出ました。
 「なんとかしなければ……」
 体重が39キロに落ちました。フラフラの体で思い悩んで、それで広告の高額な報酬に目がくらみました。いま思えばです。
 広告主はF5ボタンを押せばお金を振り込めるシステムができた、これで日本の貧困者を救うのだと血気盛んで、ああこんな立派な理念をもった経営者がいるのだとわたしは感動してしまいました。
 すぐ読者さんからメールで
 「松井さん、これ危ないやつです」
 「体が悪いときは正しい判断ができないものですよ」
 と教えていただきました。
 でも当時はそれも理解できなかった。わたしは正しい判断ができている、とうぬぼれていたのです。あのざまで。

 結局、そのとき得たものって、いま何も残ってないです。唯一残っているのは、読者さんからの失望。
 わたしを信じてくれていた方ほど失望されたと思うんです。もう読んでくれていないかもしれない。それもわたしの自業自得。当然の報いです。
 あれでわたし、あの自分の流した情報によって心がやられてしまって、
 「メルマガを廃刊すべきか」
 と思ったんです。
 みんなに申し訳なくて。

 でも――やめることは責任を取ることにならないと思って続けていました。
 その迷いを、たぶんまた一部の読者さんは敏感に感じ取っておられたと思う。
 それでも、松井二郎をどこかで信頼してくれていて、読み続けてくださった。
 絶対に裏切りたくない。
 メルマガは、やめちゃったらだめ。
 逃げないでずっとここにいよう。
 いつか、今よりもいいものを、きっと読者さんに、今でもわたしを信じてくれている人に、届けるのだ。




  ◆体が健康でなければ全て遠のく
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 それがだんだん、おや? 今、そうなってきたかな? と感じてるんです。
 日に日に良くなってるんです。クローン病が。いまも、松本医院に行けていません。それなのに。
 健全な肉体が健全な精神をつくり始めました。
 するといろいろ分かってきました。

 きちんと食べることがだいじ。
 服をたたむことがだいじ。
 トイレをそうじすることがだいじ。
 あいさつがだいじ。
 礼儀がだいじ。
 なにもかもだいじ。
 生きること、が、だいじ。

 思えばカラ回りしていた気がします。あのころは。
 そんなことしてるヒマがあったらメルマガの1本もよけいに書いたらいいと思ってたけど、何にもならない。遠くなるだけ。自分の望む人生が遠くなるだけだ。
 体が健康でないと得ようとすればするほど遠くへ遠くへ逃げていく。

 あぁ、大事なのは体だ。

 ちゃんとしたものを食べる。お金に余裕があればいいものを買って食べる。余裕がなければ自分でていねいな食事をつくる。
 それが一番の成功法。
 何をおいても。




  ◆ありがとうしかありません
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 まだまだですよ。でもだいぶ見えてきた、つかめたものがあって、たぶん、変わってきていますよ。きてませんか?
 いまのわたしからは、わりと良いエネルギーを、みなさん得てもらえるんじゃないかな。
 少なくとも2年前3年前とかメルマガを始めた15年前とかと比べたら、だいぶ体にいい言葉を届けていける。
 いまその確信を持てつつあるので、今まで読んだり読まなかったりだった方も、これからちょっと松井二郎を見ていてくれたら、うれしいな。

 みなさんほんとうにどうもありがとうございます。

 きょうもこんなとりとめのない話を聞いてくれてありがとうございました。
 それではまた。
 感謝をこめて。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ちなみに毎回メルマガの上と下にある広告はまぐまぐさんが自動で選んでくれているものです。あれは松井も自分のメルマガが届くまで知りません(笑)
 松井が選んで載せているのは、メルマガのタイトルからこの編集後記までのところ。
 えー そうだったのー!? という方もおられるでしょうから念のため。




 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから