CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«ムフフな予告 &肉がおなかで腐る理由 | Main | 肉を食べる幸せを放棄するのか?»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
肉を食べると幸せになる説を検証 [2019年07月29日(Mon)]




 健康な人と、そうでない人。何がちがうの?
 「腸内細菌がちがう」といえば正解です。
 健康を改善するとは腸内細菌を改善することに他なりません。
 なぜ宿便がよくないか。その腸内細菌を悪くするからです。
 なかでも最悪なのが肉の宿便、でしたね。
 肉は腸のなかで腐るとウェルシュ菌などの悪玉菌だらけになってしまいます。こうなると善玉菌は住むことができません。
 肉ばかり食べて腸内細菌を良くするのはムリです。
 豆腐食べよう、豆腐。




  ◆肉を食べると幸せになる説を検証
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 「でもよお〜っ
肉を食べると幸せを感じるんだよお〜っ
なんでだろ〜」
 その理由をテレビで医者がこう説明していました。肉にはトリプトファンというアミノ酸が含まれている。トリプトファンは脳内で幸せ物質セロトニンに変わる。だから肉を食べると幸せになれるのです、と。
 ちょっと聞くととてもありがたい話なんですが。なんですが、生き物を殺して幸せを得ている以上、それなりの代償を当然ですが支払わなければなりません。
 トリプトファンは腸内でウェルシュ菌などの悪玉菌に分解されるとインドールに変わるのです。

 インドール、といっても全く耳慣れないので、どれほどヤバい物質なのかいまいちピンとこないかもしれませんね。
 そこで、こちらの厚生労働省のサイトを見てみましょう。
 http://anzeninfo.mhlw.go.jp/anzen/gmsds/120-72-9.html

 毒物の取り扱いについて警告するサイトなんですが、インドールは「飲み込むと有害」「皮膚に付着した場合、多量の水と石鹸で洗うこと」「直ちに汚染された衣類をすべて脱ぐこと」とか、なんだかヤバそうなことがずらずら書かれています。
 サイト内の、危険区分が4とか1とかいうのは、数字が1に近づくほど命が危ないというもので、「水生環境急性有害性」においては最もレベルが強い1がついていますね。
 こんなものがおなかの中で発生しているのです。

 解決策は、トリプトファンを腐らせなければよい。
 トリプトファンはなにも肉だけに限らず、玄米・豆腐・くるみなど、少食実践者にとってはおなじみの食材に広く含まれています。
 そのことはテレビでいっさい触れなかったのなんでだろ〜♪

 ちなみにトリプトファンがセロトニンになるには数時間かかるので、肉を食べているから幸せなのではありません。
 好きなものを食べているから幸せなのです。




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 電子書籍のAmazonレビューを書いてくれた キーやんさん、どうもありがとうございます!
 読まれたのはまだ半分とのこと、たしかに今回いままでの3倍以上のボリュームにさせてもらいましたので^^
 噛みしめて読んでくださって、心より感謝します。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから