CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«乳酸菌の本来の働きは悪玉菌を殺すこと、ではない | Main | 乳酸菌を選ぶ決め手は何か»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
乳酸菌は酸っぱいのがよい、のではない [2019年03月11日(Mon)]

 こんにちは。松井です。


  ◆お知らせ
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄[PR] ̄

 3・11のあの日から、きょうで9年がたちますが、復興にはまだまだみなさんのご協力が必要です。
 こちらで
  東日本大震災
  北海道地震
  西日本豪雨
 の募金がつのられています。
 ↓ ↓

 [Yahoo!ネット募金]
https://donation.yahoo.co.jp/category/10/

 どうぞよろしくお願い致します。

 では前回の続きを。




  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(22)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    乳酸菌の誤解
    〜菌数が多いからよいのではない<後編>





 一時期わたしは、乳製品はよくないなぁと思いながら、ヨーグルトを食べていたときがあった。

 クローン病の患者がいちばん困るのは、タンパク質がまともにとれないこと。下痢をしていても糖質と脂質はあるていど吸収できるのだが、タンパク質はちがう。しっかり消化してからでないと、つまりアミノ酸に分解してからでないと吸収できない。下痢ばかりしているとそこまで消化するまえに腸を通過しちゃうのだ。まったくタンパク質がとれないわけではないが、ほとんど素通り。これでみるみるやせていく。
 そこで、しかたなく病院で栄養剤をもらっていた。これはタンパク質でなくはじめからアミノ酸の状態になっているので効果がある、はずだった。が、栄養剤を飲めば飲むほど、さらにやせていく。なんでだ!?
 と思って調べたら、まあ♪ おどろきの遺伝子組み換え100%食品♪
 冗談じゃねぇよ。だったら、まだヨーグルトのほうがマシだよなぁ、いくらかは吸収できるんだしぃ、乳酸菌もとれるしぃ、と、ヨーグルトを食べていたことがあるのだ。

 そして、そのとき選んだのは、ビヒダスでなくブルガリアだった。だって、ビヒダスは酸っぱくない。ブルガリアは酸っぱい。酸っぱいほうが、乳酸菌がパワフルでしょ? と理解してたから。
 誤解であった。

 では、前回の続き。

(以下は引用)


          ◇

 立派な使い道がありますから「酸っぱくなったらだめです」ということではありません。ただ、共生菌としての働きを期待するならば、「老人乳酸菌」(抗生性)より、「若者乳酸菌」(共生性)のほうがパワフルだということです。
 人間も、老人よりも若者のほうが繁殖力がありますね。極端な話、20代の若者1人と、80代の老人100人では、前者のほうが繁殖力が強いのはいうまでもありません。そんなわけで、培養装置のトラブルという奇禍により、いまNS乳酸菌はそういうつくり方をしています。

 ある食品工場を訪れたときのことです。私が「酸っぱくない乳酸菌をつくりたいのです」といいましたら、「いや、酸っぱくないと乳酸菌飲料とは認められない」といわれました。
 彼らは、わざわざ酸っぱいヨーグルトをつくっているのです。スーパーなどで売っている大半のヨーグルトも、ほかの発酵飲料も同じ考え方だと思われます。
 酸っぱくなったということは、乳酸が増えたということです。前に高名な大学教授が乳酸菌を「たくさん増やしたあと、殺して飲んだら効いた」という話を紹介しましたが、酸っぱさを求めるのは、これと同じ発想です。

 酸っぱくなった乳酸菌には殺菌効果があり、天然の抗生物質のような働きをします。乳酸菌のこのような効能を、私は「抗生性」と呼びます。抗生性の乳酸菌は、真菌感染の予防治療や水虫の治療、あるいはウイルスや病原菌をプロテクトする機能があり、非常に役に立つのです。
 抗生性の物質は「老人乳酸菌」がつくり出したものです。「若者乳酸菌」はそうではなく、宿主の腸内にあって、悪玉菌のコントロールやビタミン合成など、腸内善玉菌としての本来の役割を果たします。この働きを「共生性」と私はいっています。乳酸菌は、これからは共生性と抗生性を、はっきり役割分担したかたちで使っていくとよいと思います。


金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』


          ◇


 こんなことを知って乳酸菌商品を買っている人はまずいないだろうね。かくいう私が知らなかった。
 それもそのはず、消費者以前に、生産者たちが何も知らないんだから。

 知っていたとしても、だ。
 「共生性」の乳酸菌をつくるには若者の菌でないといけない。増やそうとおもえば10の10乗にでも11乗にでも増やせるところを、10の9乗で培養をストップしないといけない。
 9乗と10乗ではつくれる商品の数が10倍ちがう。つまり売上が10倍ちがってくる。11乗まで増やせば100倍だ。それだけの利益を棒に振ってまで、だれも知らない「共生性」の乳酸菌をつくろうとするメーカーが他にあるだろうか?

 ズキュウウウン!!
 さすがNS!
 他社にできない事を平然とやってのけるッ。そこにシビれる! あこがれるゥ!

(つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 そこにシビれるあこがれるとは
 (はてなキーワード)
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A4%BD%A4%B3%A4%CB%A5%B7%A5%D3%A4%EC%A4%EB





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから