CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«乳酸菌はイヌよりもオオカミがいい | Main | 乳酸菌の本来の働きは悪玉菌を殺すこと、ではない»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
乳酸菌は数が多いからよい、のではない [2019年03月01日(Fri)]

  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(20)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    乳酸菌の誤解
    〜菌数が多いからよいのではない<前編>





 すごいパワーをもった乳酸菌を、いざ製品化しようとすると、おかしなことが2つ起こるという。

 1つは、培養、培養、培養、と繰り返し使っているうちに、しだいに乳酸菌のパワーが落ちてくること。
 理由は、オオカミが犬になるから。つまり野生の乳酸菌を人工の環境で培養しているうちに野性味が失われてしまうからだった。そこでNS乳酸菌では、つねに野生の種菌を使うことでこの問題を解決した、というのが前回の話であった。

 きょうは次の2つめの疑問だ。――

(以下は引用)


          ◇

 もう1つの疑問。研究段階でパワフルだったものが、製品化すると試験のときと比べてレベルダウンするのはなぜか――ということです。
 この答えははっきりしています。つくり方に問題があるのです。実験的に少量つくるのと、商品化して大量につくるのとでは、つくる条件が違ってきます。その違いに気づかないと、同じものがつくれないのです。
 乳酸菌を培養してみるとわかりますが、時間の経過とともに菌数はどんどん増えていきます。
 最初にタンクに入れるのは、10の6乗くらいの種菌が必要です。これをスターター菌としてまきます。エサを与えると10の8乗、10の10乗と増えていき、10の12乗あたりがピークになります。



          ◇


 ――ちょっと引用を中断。
 えーと……10の何乗とか言われてもね、数学ニガテだったんで、パッとイメージできないんだよね(笑)
 えーと、10の6乗、8乗、10乗はそれぞれ、

 1,000,000
 100,000,000
 10,000,000,000

 と。ふんふん。よけいわからなくなったぞ(笑)
 10の6乗だと、いちじゅうひゃくせんまん……100万。これを培養して10乗に増やすと……100億ぅ!? そんなに増えるの!
 じゃあさらにこれを培養しつづけて12乗まで増やすと

 1,000,000,000,000

 で、1兆か!
 そりゃあ〜ここまで増やして売りたくなるよね、メーカーとしては。単純に売上が10倍、100倍、1000倍になっていくんだから。
 では引用のつづき。


          ◇

乳酸菌を培養するときは、ピークのちょっと手前、10の10乗あたりで採るのが一般的です。私たちもそうしていました。
 ところが、前述のように培養装置のトラブルで培養時間を半分短くしなければならず、通常10の9〜10乗まで培養できるのに、10の8乗にしかならない。つまり、菌数は10分の1以下。その菌でも効果がある。

 そこで私は、発酵のすべての段階で効能を比較研究しました。対数培養のピーク以前は、共生性の状態でした。この状態のNS乳酸菌を飲むと、腸内でほかの菌を邪魔しないまま、共生状態になります。ピークに近くなると、それ以後は抗生性乳酸菌になります。面白い事実は、共生性乳酸菌は食品の防腐剤とはなりえず、数時間かけてさらに培養して酸っぱくなった抗生性乳酸菌は、食品の防腐剤になります。

 こうした実験結果から、共生性の効能を期待する製品では、いまは10の9乗以下で菌を採取しています。重要なのは、乳酸菌の数の多少ではなく、その効能がどうかということです。菌数が多いからよい、少ないからよくない、ではありません。


金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』


          ◇


 ネットで「乳酸菌」と検索すると、それはそれはすごい数の商品がヒットするが、見ていくと「5000億個の乳酸菌がこの中に!」とか「3兆個の乳酸菌をギュッと凝縮!」とか、ことごとく「数」を問題にしている。
 ぜんぶ、意味ないんですって。

(つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 ひさしぶりにアタマつかった(笑)





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから