CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«乳酸菌に「老人」と「若者」がいる | Main | NS乳酸菌はつくられる工場がすごい»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
ココが違う!「若者乳酸菌」と「老人乳酸菌」 [2019年02月12日(Tue)]

  ◆NS乳酸菌とは
  4章 NS乳酸菌のすごさ(17)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

    「若者乳酸菌」と「老人乳酸菌」<後編>





 乳酸菌は悪玉菌を殺すもの、というのは思い込みだという話であった。それは乳酸菌の一面しか見ていないのだと。

 それと乳酸菌は酸っぱいもの、という先入観もわたしは持っていた。キムチもヨーグルトもたいてい酸っぱいからね。
 しかしそうした酸っぱい食品のなかにいる乳酸菌は、発酵がかなり進んだ、いわば老人になった菌だという。
 この老人乳酸菌が持っているのが「抗生性」で、抗生物質のような役割をして雑菌の繁殖をおさえるとのこと。なるほど〜。だからキムチをはじめとした漬物は、腐らないわけね!
 この、酸っぱい「老人の」乳酸菌が、さらに老人をとおりこして死んでしまうと、死ぬ直前、実際に抗生物質のようなものを出すという。

 いっぽう、発酵があまり進んでいない若い乳酸菌は「共生性」で、これは酸っぱくないそうだ。
 発酵食品って酸っぱければ酸っぱいほどいいと思ってた……。酸っぱくないキムチなんてキムチじゃねぇ、と。これはつまり、「乳酸菌は死んでいるほうがいい」とわたしは思っていたわけだ。
 しかし金博士によると――

(以下は引用)


          ◇

 生きている乳酸菌と死んでいる乳酸菌とではまったく違います。
 十分な栄養があれば、生きている乳酸菌は急速に増殖します。しかし、培養タンクでは栄養分が限られていますから、乳酸菌は無制限に増えません。賢い菌は、栄養が足りないとき、人間や動物と同じように家族計画をします。(中略)培養のピークの後、菌は自殺しはじめ、有機酸を出して酸味がだんだん強くなります。

 そうした乳酸菌は、食べたら酸っぱい味がします。むろん、これらの発酵が進んだ年寄りの乳酸菌も、腸内菌としてさまざまな役割を果たしてくれます。酸性度が強くなっているので、悪玉菌をやっつけるパワーは強い。それは天然の抗生物質のような働きをします。こうした働きを、私は「抗生性」と呼んでいます。
 すべての人間の身体には、原生性菌と抗生性菌があることを、ご理解いただけたでしょうか。

 腸内に乳酸菌だけしかなければ、ビタミンやほかの物質を消化吸収できなくなります。さまざまな細菌どうしが、お互いに協力しながらよい働きをするのは、細菌たちの政策なのです。人間の身体は細菌たちの政策に強く影響されているわけです。
 一口に乳酸菌の働きといっても、若い「若者乳酸菌」は宿主と強い絆で結ばれ「共生性」を発揮、腸内細胞と協力して、腸の消化吸収機能を助けたり、ビタミンを合成したりするのです。
 一方、年寄りの「老人乳酸菌」は自らつくり出した強酸性有機酸によって殺菌効果を発揮、悪玉菌をやっつけてくれます。

 だから私は、乳酸菌を「若者乳酸菌」の「共生性」と「老人乳酸菌」の「抗生性」の2つの視点から見ています。この観点に立って、私は2種類の乳酸菌をつくろうと思っています。(中略)乳酸菌を摂り入れるとは、基本的には「生きた菌をお腹のなかに入れること」です。


金鋒[ジン・フェン]著『「NS乳酸菌」が病気を防ぐ』


          ◇


 ――で、話の流れからお察しのとおり、この「共生性」をもった、若い、生きた菌が、NS乳酸菌なのである!

(つづく)








 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 スーパーで売られているキムチはわざわざ酸味料を入れてある。これって酸っぱくないキムチは売れないってことだよね。
 思い込みの怖さよ。





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。


 >> 無料購読するにはこちらから