CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«テレビをみてもトラウマになる | Main | 松井が死にかけの老人と言われたわけ»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
このブログの著者

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
著者のホームページ
自分を許す最後の手段 [2015年03月08日(Sun)]

  ◆続・クローン病中ひざくりげ(107)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 ずっと読んできた『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』だが、最後に引用したい箇所がある。
 わたしにとって最重要とおもわれる、あのキーワードが、この本にも書かれていたのだ。
 「許す」、である。――(以下は引用)

          ◇

 トラウマに遭遇しても、その後、より豊かな人生を送れるように人生の再構築をするうえで重要なことは、過去を手放すことができるかどうかです。これには「許す」ことが必要です。
 トラウマを解放することは許すという行動にほかなりません。(中略)非難する代わりに許すことによって、私たちはトラウマを手放す体験を味わいます。これによって、ため込んでいたエネルギーが解き放たれ、私たちは再び生き生きとした人生に戻ることができるのです。トラウマを手放さずにいると、大量のエネルギーが自分の中に閉じ込められてしまいます。そのエネルギーは、本来的には起こったことを乗り越えるために必要なエネルギーです。許しを拒否することによって、私たちは新しい未来への道を閉ざしてしまうのです。(中略)

 自分に苦痛をもたらした自分を、私はどうすれば許せるのでしょうか? 私が苦しんだPTSDは自分だけでなく、自分以外の人たちをも苦しめました。そのために、私は自分自身と人生に怒りをぶつけていました。でもそれは他人が悪いわけではありません。他の人に対する怒りや暴力的な行為を行う自分を、私はどうしても許す必要がありました。
 人生のいろいろな場面で行ったことに対して、自分をどう許したらよいのか、私は混乱の極みにありました。しかし、自分を許さなければならないという思いはいつもありました。

 私は用心深く、許しとは何かを研究し始めました。宗教的なやり方に従って許そうとしても、私にはできない、効果がないと、すでに分かっていました。私は人間性の自然な一面としての許しを探す必要がありました。宗教や文化を超えたところにある、許しを可能にする人間の本質的な部分を探求しました。人間とその進化の過程の中に、許しの能力が本来的に備わっているのかどうかを知ることが、私にとってはとても重要なことでした。(中略)
 どうしたら許せるのか、その研究に7年かかりました。自分が許しを行えない人間であることが、私を檻に閉じ込めていることは知っていましたが、しかし同時に、この容易でないプロセスを無理に行おうとしても、自分をもう一度苦しめるだけだということも分かっていました。(中略)

 許しの目的は相手の責任を追及しないことではないと気づきました。許すとは、自分の成長を止めていた障害物を手放すことなのです。

デイヴィッド・バーセリ『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』

          ◇

 ――その手段がTRE(トラウマ解放エクササイズ)である。と、このくだりには直接書かれていないのだが、そうであることは明らかだ。
 自分を許すための精神的な方法は『自分を愛して!』でわかった。さらにTREによって、肉体的な方法でも自分を許していくことができる!
 これで、武器は手に入れた。あとは、実践し、結果を楽しみに待とう。

 というわけで『人生を変えるトラウマ解放エクササイズ』もいったん本棚におさめることとする。

 (つづく)




  - PR -




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 トラウマシリーズは読まれるほうもけっこうエネルギーを使ったとおもいます。お付き合いくださり、どうもありがとうございました!





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。

 無料購読するには今すぐここをクリック