CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
«宿便に人生の主導権を渡さないで | Main | これが正しい1日2食のやり方!»
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
日別アーカイブ
月別アーカイブ
<< 2014年07月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
宿便に人生の主導権を渡さないで(つづき) [2009年05月28日(Thu)]

(前の記事からのつづき)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
囗◆囗 春 来たり
◆囗◆    プチプチ宣言
囗◆囗           募集かな
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 この4月から、新しい生活がはじまってます! という方も、

 そうでない方も、


 もし、「4月ったって、たいして変化もないなぁ」と
 おっしゃるならば、



 あなたご自身の手で、「プチ変化」を起こしちゃいませんか?



 お待たせしました、

 「 1日2食プチ宣言 」

 を、

 久しぶりに募集しま〜す!



 1日2食プチ宣言とは、

 「私は、このために1日2食にするのよー!」

 というアツい想いを、

 このメルマガ上で発表するもの。



 応募してくれたプチ宣言は、
 原則、もれなく掲載させていただきます。

 宣言がメルマガに載って、たくさんの読者さんに
 読んでもらえば、

 「よ〜し、やるぞぉ!」と思えることまちがいなし。

 よかったら、ぜひ宣言してみてね。



 宣言するさい、必ず入れてほしいのは

 「私は ●●● するために2食にします」

 という「2食にする目的」。



 あと、
 こっちは、できればでいいですが、

 「そのための初めの一歩として、まず ●●● するところから
 やってみます!」

 みたいな、「初めの一歩」の内容。



 それさえ入れてくれれば、書き方はまったく自由ですんで、

 この2つを盛り込んで、お好きなように宣言してもらえると
 うれしいです!



 なお、もし宣言される方があまりに多い場合は、
 松井のコメントは先着の何名さまかだけになる、かもしれません。

 その点だけ、ご了承くださいね。





 考えてみると、私たちの人生は、何によってできてるの
 かというと、


  ○ 自分が心で思ったこと

  ○ 自分が口で言ったこと

  ○ 自分が体でやったこと


 この3つによって、できあがっていくんですよね。


 逆にいうと、

 これら以外では、どうやっても、自分の人生に変化は
 起きない。

 なので、チャンスをみつけ、どんどん、
 「よい思い」「よい言動」「よい行動」をとっていくことが大切。



 このプチ宣言が、そんなひとつのキッカケになるかも
 しれませんよー。


 (※注  この募集はすでに締め切られています)



―――――――――――――――――――――――――――――――――――
囗◆囗 
◆囗◆ 宿便ってこんなにヤバいんです
囗◆囗 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――



 それでは最後に、今回も、1日2食のキホンのお話をして
 お別れします。


 しばらく、

 「朝食がよくないのは、宿便がたまるから」

 という話をしていたのでした。


 今回はその続きなのだ。



        ◇    ◇    ◇



 自分の胃腸に「食べものを処理できる限度」がある。

 そんなこと、現代人は、ツユ知らず。

 「これがおいしいよ、あれが体にいいよ」

 と聞かされては、


 「おお、それなら、食べておかねば」

 と、限界をこえた、ムチャな量を食べ続けています。


 現代人は、まわりと同じようにフツーに食べてたら、
 食べすぎになるんですからね。

 そのうえに、「これが体によい」と言われたものを
 プラスしてるんですから、

 ますます食べすぎに拍車がかかることになります。



 その結果、

 いつも、腸のなかに「排せつしきれない消化物」が
 たまっています。



 これが「宿便」です。


 宿便は、決して、腸壁(ちょうへき) にコールタールのごとく
 こびりついている古い便ではないのです。



 で、この宿便、なにがよくないか?


 体温は36度あります。

 そんな環境のなかで、「消化途中の食べもの」が
 3日も4日も、

 ときには1週間とか、それ以上、ためこんでいる。


 これでは、真夏の、うだるような気温のなかで食べものを
 ほったらかしておくようなもので、

 どんどん腐っていくんですね。

 それがおなかの中で、ガンガン、バイ菌をまき散らす。



 そのバイ菌を、


 腸 は 、 栄 養 と ま ち が え て 吸 収 し て し ま い ま す 。





 これはこわいですよー。

 ご存知のとおり、腸は、栄養を吸収して、血管に送って
 いますよね。

 その血液が、バイ菌だらけになる。

 それがまた、体じゅうを回る。

 肝臓も腎臓も、あらゆる臓器が、
 この「バイ菌だらけの血液」で動くことになるのだ。



 ガソリンでいえば、不純物だらけのガソリン。

 そんなガソリンを入れて走るわけですから、

 だんだん車の調子が悪くなってきて、
 しまいに壊れるのは当たりまえのことです。



 実際、現代人の血液を顕微鏡で見ると、
 バイ菌が元気よく泳ぎ回っているのが見えるんですよ。

 あと、なにかフワーッと流れてきたりしますが、
 これはカビ。



 甲田先生によると、現代人のほとんどの人のおなかに
 宿便があるそうですから、

 ほとんどの人の血液は、そんなのと似たりよったりの
 状態といえます。



 これでは調子悪くもなりますし、

 こんな血液をもらっている内臓はどんどん弱って
 いきますから、

 宿便を何年もためていると、さまざまな病気になってくるのです。



 「歳をとったから病気になりやすくなるんだ」と

 世間では思われていますが、


 そうじゃなく、

 歳をとって宿便がたまったから、病気にかかるようになるのです。


 私はそれが20代できちゃったわけですが。
 過去の食べすぎを反省……。



        ◇    ◇    ◇



 宿便をためる害は、まだ、あります。



 処理できる限界をこえた食事が入ってくると、
 腸は、苦肉の策に出て、

 「いまはとても消化できないから、しばらく、このへんに
 しまっておこう」と、

 びよ〜んと風船のようにふくらみ、
 その処理しきれない食べものを、一時的にしまいこみます。

 こういうところに宿便がたまっているんです。



 で、風船は、ふくらませばふくらますほど、
 ゴムが薄くなっていきますよね。

 腸も同じ。


 ふくらんだ部分では、腸壁が薄くなっています。

 こうなると、その部分は、血流が悪くなる。

 そして、動きが鈍ります。


 すると「排せつする力」が落ちてしまい、

 その結果、より、宿便がたまるのだ。



 するとますます、排せつ能力が落ち、

 ますます宿便がたまりやすくなり……



 と、この悪循環。

 ほとんどの人は、この悪循環を死ぬまでやめません。


 そして死ぬまで、ナゾの体調不良に苦しめられ、

 人生の最期は、宿便によって引き起こされた、
 むずかしい現代病で幕を閉じる。



 こんな、人生を悲しみに変えてしまう宿便、
 ほっておいちゃいけない!



 宿便をためてしまうのは、まえも言いましたが

 「1日18時間の食休み」がとれない食べ方を
 しているからです。

 つまり1日3食にしているから。



 朝食を抜いて1日2食にすれば、

 前日の夕飯から翌日のお昼まで、およそ18時間の
 休みがとれます。


 毎日そうしていれば、宿便はたまらないし、
 いまたまっている宿便も少しずつ出ていく。



 だから、「人生は朝食抜きが正解!」なのです。



        ◇    ◇    ◇



 このことを知るだけで、いったい何千万人の日本人が
 救われるでしょう。


 そう思うと、もっともっと、この活動を広めていかなきゃ、
 と心があせります。

 でも、自身の養生(ようじょう) もしなくては……。



 どのくらいムリをするべきか、

 あるいはムリのかからないていどで、養生優先で
 やっていくべきか、

 いつも、そこに悩んでいるんです。





 あ、ところで、

 朝食を抜いたからって、それで安心して、昼と夜
 食べすぎないでくださいね!

 それじゃやっぱり、宿便はたまりますので。

 ここ、くれぐれも気をつけてください。



 それではまた〜!



  ┏━━━━━ 本日の 1にち2しょ句 ━━━━━━┓


        宿便に 運をゆだねることなかれ

          ウンを出しきりゃ 運が来るなり


  ┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
                      イヨォ〜っ、ポン!




◇ vol.0206 2008/04/11 ◇
Posted by 松井 二郎 at 10:15 | この記事のURL