CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
Q. これはどういうブログですか?

A. このブログは 「まぐまぐ!」 から発行されているメールマガジン
『1日2食の健康革命』 のバックナンバーです。
(最新の記事は[無料メールマガジン]で配信しています)

Q. 「1日2食の」 といいながら、このごろ2食健康法を書かれていない
ようですが?

A. いやー、それを言われると痛い(笑)
ただいま別の連載をしていますので、1日2食健康法については
[ホームページ]をご覧ください。

          ◇

難病の原因と完治の方法を書いた 『クローン病中ひざくりげ』 第1話から読むには、[こちら]から
(読みやすさバツグン! 電子書籍版ができました。[詳細]
 
          ◇

松井からのお知らせ。
banner_shunsai5.png
ケータイでアルツハイマーになる [2017年03月18日(Sat)]

※このメルマガは3月11日に配信されたものです。


 こんにちは。松井二郎です。


  ◆ お知らせ            [PR]
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 あの日から、きょうで6年です。
 あの地震にあわれた方がテレビで、被災した者にできることは忘れることです、と言っておられました。つらい記憶は、早く薄れていただきたいです。
 では、被災しなかった者にできることは? 忘れないことではないでしょうか。
 忘れないとは、何かしら行動をすることだと思います。

 こちらから、クレジットカードでいますぐ寄付ができます。

  東日本大震災 復興支援財団
  http://minnade-ganbaro.jp/shien/donation/


 では前回の続きを。




  ◆電磁波特集 2章
    スマホから離れろ(8)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 子供のころ「そんなにファミコンばかりしてると頭が悪くなるぞ」と、よく言われた。じっさいわたしは青春時代をほぼファミコンに費やし、志望校のランクが2つ3つ下がった(すでにこの行動じたい頭が悪いが)。

 いまの子たちなら、さしずめ「スマホばかりしてると頭が悪くなる」といったところか。
 だが、いまの子たちのほうが問題が深刻である。ファミコンとちがって、ケータイやスマホでは脳が物理的に破壊されるのだ。

(以下は引用)

      ◇

 スウェーデン・ルンド大学のリーフ・サルフォードさん(神経外科医)らは、GSM(欧州移動電話)から放射されるきわめて微量な電磁波が、「ラットの脳に損傷をもたらす」ことを明らかにした。彼らは、人間の10代に当たる、12〜26週齢のラットに、デジタル・マイクロ波(915MHz〔メガヘルツ〕)を2時間放射し、50日後に脳の検査を行った。
 ラットは8匹ずつに分けられ、それぞれに、SAR値(人体に吸収される電磁波のエネルギー量)「0.002W/kg」「0.02W/kg」「0.2W/kg」の強度の電磁波が放射された。すると、SAR値「0.002W/kg」の電磁波の放射を1回受けただけで、「神経細胞に損傷」が見られ、また「BBB(血液脳関門)からアルブミン(たんぱく質)の漏出が8週間も続いた」という。ちなみに、「ICNIRP(国際非電離放射線防護委員会)」が推奨している暴露基準値の上限は、「2W/kg」。じつに、その1000分の1の「非加熱」※ レベルで、損傷が起こったことになる。(中略)


(※ 引用者註:この「非加熱」というのが重要! 電磁波で「加熱」されたから壊れる、のではないのだ。これについては後日くわしく。)

 また、実験では、「脳の『学習・記憶・行動』を司る部分に損傷を与える」ことも認められ、SAR値「0.002W/kg」、「0.02W/kg」強度の電磁波にさらされたラットでは、かなり多くの「脳細胞の死」が発見された。これらのことを踏まえ、サルフォードさんは、次のように警告している。
 「携帯電話の電磁波によって、アルツハイマーを発症する人がいる可能性もある」
 「アルツハイマー症の傾向のある人が、毎日、携帯電話を使っていれば、数10年後、彼らが中年にさしかかったときに、悪影響がでてくる可能性は否定できない」


古庄弘枝『見えない汚染「電磁波」から身を守る』

      ◇

 スマホ世代のいまの子たちもやがては老人になる。子供のときから老人まで、ずっと、脳細胞を破壊する道具をつかうのだ。いまでさえ認知症の人は年々増加していて85歳以上では3人に1人の割合である。とっくに異常事態だが、スマホ世代が高齢化した社会は、はたして社会が維持できるか。それよりも、いまの子たちが老いたときのしあわせはどうなる。

 子供たちは、決してケータイやスマホを「使って」いない。時流によって「使わされて」いるだけだ。はやく批判精神を身につけ疑問をもってほしい。
 しかし、そのように思考する脳も、ケータイは奪うのだ。

(つづく)




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 とくにいちど始めると3時間はやめられないファイアーエムブレムで成績を下げました……。
 ああっ、またリセットかッ!





 ◆このブログはメールマガジンの記事をアップしたものです。
 最新の記事は、メールでお送りしています。 [無料購読する]




 ◆[ このブログのトップへ ]




Posted by 松井 二郎 at 08:54 | この記事のURL
| 次へ