CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る
ブログ内検索
 
検索語句
最新記事
月別アーカイブ
プロフィール

松井 二郎さんの画像
松井 二郎
プロフィール
ブログ
リンク集
Q. これはどういうブログですか?

A. このブログは 「まぐまぐ!」 から発行されているメールマガジン
『1日2食の健康革命』 のバックナンバーです。
最新の記事は、メールでお送りしています。 [無料購読する]

Q. 「1日2食の」 といいながら、このごろ2食健康法を書かれていない
ようですが?

A. いやー、それを言われると痛い(笑)
ただいま別の連載をしていますので、1日2食健康法については
[ホームページ]をご覧ください。

          ◇

難病の原因と完治の方法を書いた 『クローン病中ひざくりげ』 第1話から読むには、[こちら]から
(読みやすさバツグン! 電子書籍版ができました。[詳細]
 



電磁波が怖い真の理由「サイクロトロン共鳴」とは(1) [2017年06月19日(Mon)]

denjiha.jpg


 こんにちは。松井二郎です。
 前回の広告が気になっておられる方はきょうの編集後記をお読みください。

 では特集の続きをどうぞ。




  ◆電磁波特集 3章
    なぜ電磁波でがんになるのか(1)
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

 前回で「電磁波とは?」の話は終わりです。だいたい、わかられました?
 はい。だいたいでいいです。
 ざっくりまとめると、電磁波といっても電波といっても同じことで、電波(電磁波)は光の速さで進み、波にはいろんな「周波数」(1秒間に波が振れるギザギザの数)があって、それによってマイクロ波とかガンマ線(放射線)とか名前がついてて、あまりに周波数が高いと猛烈なギザギザになるのでレーザー光線みたいな攻撃力になっちゃって(だから「〜波」じゃなく「〜線」と呼び方も変わる)、それで放射線は遺伝子をキズつけ白血病やがんを引きおこすし、電子レンジのマイクロ波は遺伝子への攻撃力はないけれど水の分子に熱を与える(「熱作用」がある)から細胞が壊れる、のだけれども、ところがどっこい、そんなレーザーの性質もない、熱作用もない、健康に問題ねーだろとおもって人類がバンバン使ってきた電波、つまりテレビの電波、ラジオの電波、ケータイ・スマホの電波、無線LANの電波、電子レンジの電波、そのほか家電の電波、みーんな体に悪かった。
 ……と、これくらい「だいたい」わかってくだされば、オッケイ!

 さて。
 なんでこんな、こむずかしい話をしてきたかというと、なぜ放射線やレントゲンのエックス線だけじゃなくテレビ放送やスマホの通信といった「ふつーの電波」で がんや白血病になるのか、これで理解できるからなんです。
 では……本題に入りますよ。

 なぜ「ふつーの電波」が体を壊すのか?

 答え!
 ――「電波が【サイクロトロン共鳴】をおこすから」。

 なんじゃそら???
 と、またしても松井はこんな言葉初めて知って、調べながらの執筆です。すぐ参考文献に入ろ(笑)

(以下は引用)

      ◇

 電磁波が発病に関わるメカニズムですが、(中略)電磁波が脳細胞中のカルシウムイオンに影響を与えている可能性が指摘され、それに対する「サイクロトロン共鳴理論」という少し複雑な理論があります。ここでは、イオンと共鳴について説明しましょう。
 電子レンジはマグネトロンという電子管から、マイクロ波領域の特定の波長を持った強い電磁波を放射します。このマイクロ波が、レンジ内の物質に作用して、電磁波のエネルギーは熱エネルギーに変換され、熱を発生させます。電子レンジのマイクロ波の電磁波としての波長は12m、振動数は2.45GHz(ギガヘルツ)です。
 つまり、電子レンジのマイクロ波は、対象物質中の水や一部の油を選択的※ に熱する作用があるのです。電子レンジの調理はこの原理に基づいています。


(※ 引用者註:「選択的に」とは、「それだけを」ということ。たとえばA、B、C、D、E……といろんな物質があったらAだけを狙いうちできるってこと。)

 水は電気的に中性のように見えますが、分子レベルで細かく見ると、水素原子と酸素原子で構成されています。水素原子はプラスの、酸素原子はマイナスの電気を帯びているので、その部分に電磁波のマイクロ波が選択的に作用するのです。結論からいうと、共鳴しているのです。(中略)
 共鳴のよい例がブランコこぎです。ブランコを大きく揺らすには、ブランコのゆれる周期に合わせ、少しの力でもよいので、何回も押したり、こいだりしてやります。小さな力でも、何回か押すうちに、ブランコの振幅はだんだん大きくなっていきます。
 お寺に吊り下げられている重い鐘も、この要領でやると、それこそ小指で押すだけで、最終的には大きく動かせます。押す周期、すなわち外部からの振動とブランコや鐘の周期が共鳴しているからにほかなりません。
 ときどき、窓ガラスが、飛行機や自動車などが発する音と共鳴し、ブーンとかビリビリとか振動することがあります。これはその音波の振動数が、偶然に窓の持つ固有振動数と一致して共鳴しているのです。
 固有振動数とは、その物質が構造上持つ、振動しやすい振動数です。大きな声でしゃべると、窓ガラスがビリビリと震えることもあります。これも音と窓ガラスの共鳴現象です。
 音波の振動エネルギーが、窓ガラスの固有振動数と一致して共鳴を起こし、窓ガラスに音エネルギーが効率よく吸収されているのです。

(中原英臣、佐川峻『電磁波はやっぱり危ない』)

http://amazon.co.jp/o/ASIN/4309503853/jironosyosai-22/

      ◇

 ……すみません、物理の授業まだ続いちゃってますね……。もうちょっとの辛抱です!(笑)
 しかも【サイクロトロン共鳴】までいきませんでしたが……きょうはここまで〜。

 (つづく)




 ◆ 編集後記
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(! 長文です !)
 前回のこのお知らせについて補足します。

 (日本の貧困救済のための大企画)
 http://masaki-souichi.com/lp/12419/714157

 とてもたくさん反響をいただきました。
 好意的なお声が多かった一方で、広告がメルマガにそぐわないのでは? と心配してくださった方もあります。みなさん、このメルマガを愛してくださっていることがひしひし伝わってきました。こんなとき、メールマガジンをやっててよかったと心底思います。ほんとうにありがたいことだと思いました。
 ただ、内容についてのおたずねも多かったのですが……

「どうかご自身の目で、真偽を確かめてください」

 たしかにお金持ちの考えていることは私をふくめ庶民には理解しがたくて、もうじゅうぶんすぎるほど儲けてしまって使いみちに困る、道ゆく人に配るわけにもいかないし、と、大まじめに悩んでいるのを聞いて驚かされることがあります。
 今回の話は、お金に困っているひとに100万円を配るシステムを思いついたとのことですが、常識では考えられないことです。でもそれがお金持ちの常識とは限りません。疑うことは結構なことと思います。というか疑うべきです。ぜひ、大いに疑って、どういう構想なのか話をきいて確かめてほしい。そのための無料動画です。

      ◇

 私にはずっと悩みがありました。
 「おすすめするものが高額なものばかりだ……」
 わたしはいい食品を紹介している。いい健康法、いい医療を紹介している。それには自信がある。でも、ずっと引っかかってたことがある。
 「これをいったいどれだけの人が買えるんだろうか?」

 朝食を抜くだけで、もちろん健康になれます。そこにお金はかかりません。むしろちょっと出費は減ります。しかしプラスアルファ、そこからさらなる上、高みを目指していくには、いいお米を買う、いい野菜を買う、いい青汁を買う、いい塩を、いい醤油を、いい味噌を、いい油を買う必要がある。

 このまえ安部司さんの食品添加物の講座をご案内しましたが、粗悪な食品の恐ろしさを知ったからといって、では本物の食品ばかりを買える人ってどれだけいらっしゃるんだろう? 毎月の食費は、いまの3倍4倍になってしまう。

 メーカーが食品添加物ばかりの安物をつくるのは、なぜか。私たちがそれを喜んで買うからです。経済的理由で、しぶしぶ買っているとしても、この行為こそ「安かろう悪かろう」を支援してしまっている。
 世の中を変えるためにも良いものを買わなければなりません。メーカーに変わってほしいのならば、まず私たちが変わらなければならない。それには、お金が必要です。
 自分の健康を守るためだけじゃないのです。世の中を変えるために、お金が必要なのです。1本198円の醤油を買ってちゃダメなんです。世の中を変えるには、1本500円、1000円の醤油を買わないと。
 良いものを買って食べれば、自分と家族が健康になり、良いものをつくっている弱小メーカーが潤い、粗悪品をつくっている巨大企業には不買運動を突きつけることができ、世の中を良くすることができる。

      ◇

 清貧という言葉があります。
 昔は、それでよかった。金持ちから貧乏人まで、みんな同じものを食べてた。食品添加物のないものを。
 だが今は違う。食べ物にランクができてしまった。庶民がスーパーで買うことのできる食品は、すべて添加物まみれ。およそ人間の食べるものではなくなっている。それがイヤならセレブ御用達の特別な商品を買うしかない。せめて高級スーパーで買い物をしなければならない。
 お金持ちなら、それができる。だが貧乏人は、体に悪いと知っていても近所のスーパーで粗悪品を買う以外にない。
 金持ちは長生きでき、貧乏人は短命になる。残酷だけど、今はそういう世の中だ。それが現実。
 いまの世の中に、清貧なんてあるのだろうか。

      ◇

 どれがいいお米か どれがいい野菜か どれがいい調味料か、わたしは、それは教えられる。でも、
 「じゃあどうやってそれを買うお金を用意するのか?」
 それを伝えてきませんでした。
 それはこのメルマガの仕事ではない、と思っていたから。

 紹介するに値する情報がなかったからでもあります。
 お金の話は健康情報よりもインチキが転がっています。ネットで稼ぐ話は100のうち99はガセネタです。探せば、1の本物もあるのですが、その「1」を見つけるのがタイヘンです。
 なにも、お金がいるのなら、べつにネットじゃなくたって、コンビニでレジ打ちでも深夜に棒振りでも何でもしたらいいのでしょうが、私みたいに病気で、外で働きたくても働けない人、家から出ずに稼がなければならない人もおられるんじゃないか。
 だったら、こういう広告もいちど載せようと思ったのです。




  - PR -




 みなさんよりも一足先に私は、動画を全5回すべて見せてもらいました。そのとき気をつけたのは、疑ってかかろう、ということ。おかしなところがあれば突っこもうと思いました。
 そして、納得しました。これならば私のメルマガで紹介できるし、紹介したい。

 ほんとうに、彼が思い描いているとおりお金に悩む人に100万円が行き渡るのか、これからスタートする企画ですから、もちろん、始まってみなければ分かりません。
 でも彼の理念をきいて、応援したいと思った。
 彼の実績も見てのことです。彼なら、やってくれるんじゃないか。

 もし、彼が口先だけの男で、この壮大な企画が大言壮語で終わるようなことがあれば、私も、彼と一蓮托生です。私はネット界から消えてもいい。そう思って広告を出しました。彼の熱血の想いを、応援したい。(1回目の動画をすでに見られた方は、私が何を言っているかおわかりではないでしょうか)
 そして
 「あのときあの情報を教えてくれて救われました」
 そう言ってくださる読者さんが一人でもおられたら、それでいい。

 ……と、お問い合わせが多かったので、以上わたしの考えを述べました。
 とにかく信じられるのはあなたご自身の目で見たこと、耳で聞いたこと、だけです。
 ご自身の目で、真偽をお確かめくださればと思います。


 (日本の貧困救済のための大企画)
 http://masaki-souichi.com/lp/12419/714157



| 次へ