CANPAN ブログ検索
Loading
  • もっと見る

2015年05月12日

平成27年度 横浜市こども青少年局 予算説明&意見交換会 


よこはま一万人子育てフォーラム主催
平成27年度横浜市こども青少年局 「予算説明&意見交換会」

開催報告
今年度の事業内容、目標と、こども子育て支援新制度の事業計画(ワクワクプラン)の目標値なども、説明いただきました。

参加者からあらかじめ質問を集めてその内容に答えていただきながら説明をいただきました。

参加者は、45名。
思った以上に参加者属性はバラエティに富んでいて、支援関係者だけでなく、企業、学生の方々も集まりました。

参加者の質問は、なかなか鋭いものが多く、その証明として、財政担当部局との調整や内部検討が終わってない段階で詳細を説明できないというものもでてきました。

質疑応答は熱く交わされ、熱く交わされる市であることが、横浜のよさ、であるのだろうと思いました。
行政職員としてはキビシィーって思う場面もあるのかもしれないけど、打てば響きまくる人たちがいるってすごくないですか・・ってプラスに思っていただけたら、行政と市民の協働でつくるこども・子育ての施策がよりよいものになっていくのではないでしょうか。
10612767_814607395313278_340779700885428074_n.jpg


当日質問について持ち帰りとなった質問について、こども青少年局より回答がありましたので掲載します。

(1)障害児通所支援事業
  <放課後等デイサービスの利用児童人数>4,746人(前年度 3,346人)
(質問)4,746人はどのような数字か。
(回答)利用決定を行った実人数(予算上の見込)

(2)障害児通所支援ステップアップ事業<新規>
(後段)区域の事業所と関係機関等が協力して地域の障害児を支援するためのネットワーク構築を、障害児支援の実績のある法人に委託してモデル実施します。という内容について。
(ご質問)実施スケジュールはどうなっているか。
(回答)年度後半の委託実施に向け、現在準備を進めているところです。

(3)子ども・子育て支援事業計画 (概要版)
基本施策B 障害児への支援についてで示された数字について。
・児童発達支援事業利用者数(地域療育センター含む)   
(直近の現状値)→(目標値)
  145,110人  → 183,000人

・放課後等デイサービス利用者数             
92,522人→507,000人

(質問)目標値設定の考え方について

(回答)平成25年度中の事業所数の増加に伴う、延べ利用者数の増加実績を基準に、平成26年度以降の利用者の増加見込を合わせ、目標値を設定しています。

(4)地域療育センター
(質問)各地域療育センターの地域等への助言活動に違いがあるのか。

(回答)いずれの地域療育センターでも、同様の支援を行っています。




開催チラシ20150623yosansetumeikai.jpg

開催日時 H27年6月29日(月) 10:00〜12:00
会  場 横浜市市民活動支援センター4Fセミナールーム1・2
     中区桜木町1-1-56クリーンセンタービル4F
参 加 費 無料

対 象 関心のある方でしたらどなたでも

内 容 横浜市こども青少年局の方より説明
    質疑応答

お問合せ よこはま一万人子育てフォーラム
1manninkosodate @gmail.com
この記事へのコメント
コメントを書く
この記事へのトラックバックURL
http://blog.canpan.info/tb/1087060
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック